平日休みの男性必見!朝キャバ・昼キャバの特徴と紹介

平日休みの男性必見!朝キャバ・昼キャバの特徴と紹介

朝キャバ・昼キャバとは?

キャバクラといえば夜に営業している店というのが一般的だが、朝や昼に営業しているキャバクラがあるのを知ってるだろうか?
朝キャバ、昼キャバとは、その名の通り朝昼に営業しているキャバクラの事だ。

夜キャバとはちょっと違ったゆるい楽しみ方ができるのが魅力で、俺もたまに通っている。
今回は、そんな朝キャバや昼キャバの魅力をたっぷり紹介しよう!

朝キャバ・昼キャバの特徴

朝キャバと昼キャバのそれぞれの特徴をまとめてみたので、是非朝キャバ・昼キャバに行くときの参考にしてみて欲しい。
出典:夜キャバとどう違う?『朝キャバ・昼キャバ』について知りたい!

朝キャバの営業時間

朝キャバの営業時間はお店によって異なるが、メインとなる時間は朝6時からお昼頃まで。
早いところは朝4時くらいから営業しているところもある。「そんなに早い時間から営業してて誰が来るの?」と思うかもしれないが、これが結構需要がある。

特に、ホストやボーイなどの水商売の同業者が仕事終わりで遊びに来るのが多い。
さすがにみんな仕事終わりで疲れているし、早朝という事もありテンションはまったりめ。
夜キャバのような大騒ぎをしている店は少なく、お酒を飲みながらゆっくり話すような落ち着いた雰囲気だ。

昼キャバの営業時間

昼キャバの営業が始まるのは、朝キャバの営業が終わる昼頃から、夜キャバの営業が始まる夕方過ぎまで。
お店によっては朝と昼の二部制や、朝昼夜の三部制というところもある。
昼キャバの客層は、日中休みの人が中心だ。
退職して時間が余っているという人も多いので、客層は朝キャバよりも高めの店が多い。

夜のキャバクラより女の子がゆるい雰囲気

夜のキャバクラって、やっぱり客もキャバ嬢もギラギラしてるんだよね。
キャバクラで稼いでナンバーワンとるぞ!みたいなキャバ嬢がゴロゴロいる。
それはそれで楽しいんだけど、たまには癒し系の女の子とまったりしたいわけよ。
そんな時にオススメなのが朝キャバ・昼キャバ!

夜のキャバクラで働いているキャバ嬢に比べて、朝や昼のキャバクラで働いている子は普通の子が多い。
学生さんやフリーターがバイト感覚でやってるから、いい意味で素人っぽさを感じるんだよな。
まぁ、プロ意識はやっぱり夜のキャバクラで働いている子の方が高いから、接客レベルの高さはあんまり朝キャバや昼キャバで求めない方がいいけど。

ちなみに、女の子のプロ意識が低いという事は、口説きやすいということだ。
夜のキャバ嬢は自分がキャバ嬢として稼いでいるというプライドが高いし、プロ意識もすごいから口説きづらい。
ところが、朝や昼のキャバ嬢は本当に普通の子が多いから、ちょっと口説いただけで上手くいく可能性が高い。
キャバ嬢を口説いてみたいと思っている人は、朝キャバ・昼キャバがかなり狙い目だ!

料金が安い

朝キャバ・昼キャバは、夜キャバに比べて料金が安いのがメリットだ。
夜キャバだと1セット60分8,000円くらいする店でも、朝キャバ営業時は1セット60分4,500円とかだったりする。
夜キャバでは高くて行きづらい店も、朝昼の営業時間は意外とリーズナブルな価格で遊べるので要チェックだ!

地方だとお店自体が少ない

都内や地方の大都市では、朝キャバや昼キャバはすっかり定番の営業形態となっている。
お店の数も多いから、選択肢もたくさんある。ただし、地方だとお店が少ないようだ。

出張の時に全国のキャバクラ通いを楽しみにしている俺だが、地方によっては本当に少ない場所もある。
逆に、地方に住んでいる人は東京などに出張してきたときは、是非朝キャバや昼キャバを試してみよう!

平日休みの男性などにおすすめ

朝キャバや昼キャバは、平日休みの男性におすすめだ。安いというメリットもあるが、何より夜キャバよりも落ち着いて楽しめるのがいい。
客の数も夜より少ないからキャバ嬢とゆっくり喋れるし、自分のペースで飲むこともできる。
他のうるさい客に邪魔されることも少ないから、いいことずくめと言えるだろう。

俺も基本は夜キャバが主戦場だが、疲れて癒されたい時やのんびりしたい時は、気分を変えて朝キャバや昼キャバに行くことも結構ある。
夜キャバに慣れた人ほど、新鮮に楽しめること間違いなしだ。
是非、機会があったら朝キャバや昼キャバのまったりした雰囲気を味わってみてくれ。

その他の夜遊びについてカテゴリの最新記事